シミ対策 保湿

シミ対策には保湿がカギ

肌に起こるトラブルは、ターンオーバーの乱れが原因となっている事が多々あります。

 

肌には元々基礎的なトラブル防止機能が備わっており、一定のサイクルにより、常な新しい細胞に生まれ変わる仕組みとなっています。
ところが、過度な紫外線の影響により大きなダメージを受けたり、保湿不足で乾燥してしまったりすると、この仕組みが乱れてしまい、その結果様々なトラブルとなって現れるのです。

 

肌の奥の組織まで届くように、十分な保湿をしてあげることで、滞っていたターンオーバーが正常に働くようになり、色素が沈着してシミとなっていったものが、だんだんと薄くなり、やがてシミが気にならなくなります。

 

この時気をつけたいのは、すでに肌が大きなダメージを受けているため、洗顔などの時にこすり過ぎないように優しくやるようにしましょう。
そして洗顔後の最も乾燥が進みやすい時に、なるべくたっぷりと浸るように、手のひらで包み込むように潤いを与えます。
毎日コツコツこの作業を繰り返す事か重要なのです。

 

 

背中のニキビ跡治療が得意な東京都内のエステはココ